らすじ

P1220006.JPG

屋南北作の歌舞伎「東海道四谷怪談」が大盛況の江戸時代。
 
ある吹雪の日、宅悦を訪ねる美丈夫が一人。


「東海道四谷怪談」その真実を聴きに来たと。

「そうですかい・・・旦那にも見えるんですかい。‘アレ’が・・・。」

 

宅悦が重い口を開き語り始める。

それは誰も知らない真実の四谷怪談だった・・・